SDSNとは

SDSNは、2012年8月、国連の潘基文事務総長が
設立を発表したグローバルなネットワーク

 

SDSNとは、正式名称を「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク」(英語名称:Sustainable Development Solutions Network)と言います。SDSNは、持続可能な開発へ向けて、学術機関や企業、市民団体をはじめとするステークホルダーの連携のもとに解決策を導き、持続可能な社会を実現するための最善の方法を明らかにして共有することを目的としているグローバルなネットワークです。現在世界各地に活動の拠点が形成されていますが、世界のSDSNネットワークを構成する日本のハブとして、SDSN Japanが2015年に発足し、理事会において活動の方向付けを行っています

SDSN JAPANの活動目的

  1. SDGsを始めとするサステイナビリティの課題への取組
  2. 多様なステークホルダーとの協働のためのプラットフォーム構築
  3. 国連機関構や国際機関の関係者、各国・各地域ネットワークとの連携による国際動向のフォロー、および日本の成果の国際発信

TO TOP

LINKS